書籍・物販

えんたくん革命 1枚のダンボールがファシリテーションと対話と世界を変える
販売価格

1,620円(税120円)

購入数
「えんたくん」は直径が1メートル程の丸いダンボールの板です。どんな場所でも、人々が円座になってひざの上に「えんたくん」を乗せると、「場」と「対話」が劇的に変化し、ファシリテーションや課題解決、合意形成がスムーズになります。

輪になって座ると人々の間で序列のない対等な関係がつくりやすくなります。会議室でも教室でも簡単に対話しやすい場づくりができる魔法のような道具「えんたくん」の使い方、活用方法をはじめて紹介した貴重な一冊です。

【概要】
第1章 輪になって座ることの意味と東京工業大学での初年次教育の試みの紹介
第2章 「えんたくん」誕生秘話、そして大きく広がる過程とその意義の紹介
第3章 ワールドカフェの手法をもとにした「えんたくんミーティング」の準備から進め方までを、イラストや注意するポイントを交えて解説
第4章 フェス、教育現場、アートの世界、異文化交流、地域おこし、さらには被災地でのえんたくんの活用事例を、実践者から具体的に紹介
第5章 共著者の川嶋直(ジャパンGEMSセンター センター長)、中野民夫氏(東京工業大学 教授)による「えんたくん」とそれがつくる場の意義、ファシリテーションのコツ、「えんたくん」が導く未来への期待を掲載